• 矯正歯科治療に伴う一般的なリスクと副作用
  • 舌側矯正(裏側矯正)
  • 部分矯正
  • スマイルデザイン
  • 矯正治療のこと
  • 料金表

  • カウンセリング予約
  • ご相談


  • 診療時間
    11:00~13:00 × × ×
    14:00~19:00 × × ×
    【休診日】
    月曜日・木曜日・日曜日

    【所在地】
    〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-4-8
    第二福島ビル3F

  • 大きな地図で見る
  • 【アクセス】
    東急田園都市線 用賀駅北口 徒歩1分
  • 日本舌側矯正歯科学会
  • 女性矯正歯科医フリージアの会
  • 橋場矯正歯科(長野県伊那市)
  • 求人

  • 携帯サイト

  • スマートフォン対応サイト

部分矯正

皆さんの中には、矯正はしたいけど治療期間や装置を付けることなどで二の足を踏んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

短期間に歯の形を整えたいときにセラミックスクラウンやラミネートベニアといった方法で、歯の上からクラウン(冠)を被せたり、歯の表面に薄いセラミックを貼り付ける方法もありますが、健康な天然の歯を削らなければならない欠点を持っています。
また、天然歯ではありませんので、一生使用できるわけではありません。必ずやりなおす必要が生じてしまいます。

現在、矯正装置やその方法にはいろいろなものが開発され、状態によっては従来よりも手軽で短期間に治す方法があります。
そこで、かみ合わせに大きな問題がなく、抜歯などが必要でない方には、少しだけ治す見えない部分矯正がおすすめです。


マウスピース型矯正(クリアアライナー、インビザラインなど)

マウスピース型矯正とは、ワイヤーによる矯正装置を使わず、透明なマウスピースのような薄いシートを装着して行う矯正方法です。
透明なマウスピースを数段階分用意して、歯の動きに合わせて装着するマウスピースを変えていきます。

少しずつマウスピースの形状を変えていくことで歯を動かし、治療を完成させます。
この様なシートタイプの装置には、「クリアライナー」や「インビザライン」などがありますが、シートの作り方に違いがあります。また製作会社によりいろいろな名称があります。

マウスピース装着   マウスピース装着
透明なマウスピース型矯正装置(インビザライン)を装着中

インビザライン
インビザライン
  クリアアライナー
クリアアライナー

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

メリット
・毎月必ず受診しなくてよい
・当初の治療計画通りに歯が動いたかどうかを確認して、再度、設計図を作ることができる
・歯磨きがしやすい
・マウスピースは着け替える際のちょっとした違和感の痛みのみですむ
デメリット
・毎日、毎食前に外して毎食後に着けなくてはいけない
・ワイヤー矯正と比較するとマウスピース型矯正の方が若干高い
・長時間の装着が必要である
・マウスピースは歯に接着させているわけではないので、マウスピースと歯のすき間に着色物や糖類、酸が長時間停滞すると虫歯になりやすくなる


マウスピース型矯正装置(アソアライナー)

マウスピース型矯正装置(アソアライナー)は、国内の矯正専門ラボが提供する日本製のマウスピース型矯正装置で、インビザラインと同様の透明な取り外しが可能な矯正装置です。
インビザラインと歯を動かす基本的な理論は同様で、適応ケースも同様ですが、装着感、製作法などいくつかの点で異なることがあります。

メリット
・プレートの材質が、インビザラインに比べてさらに薄く、見えにくいので、より審美的な方法である。
・プレートの材質が、軟性と硬性の2種類あるので、矯正力が優しく痛みがでにくい。
・新しいプレートを作る際に、その時点での歯の型をとるので、より正確に歯を動かすことができる。
・装置の製作までの時間が短い(インビザラインでは製作期間が約2ヶ月ほどかかるが、アソアライナーでは約3週間ほどである)。
・クリアプレート治療中に、歯の形態を変化させる虫歯などの治療も可能(インビザラインでは、歯の型をかえることができないので虫歯の治療に制限がでる)。
デメリット
・印象と呼ばれるお口の型をその都度採取する必要がある。
・歯の移動量はインビザライン比べるとかなり少ない。
・1回に作成されるシートはわずか3枚である。


※なお、完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、承認薬品を対象とする医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。


2Dブラケットシステム

主として前歯を部分的に動かしたいときに装着します。
歯の裏側に装置を付け、しかも矯正装置のブラケットが小さいため誰にも気づかれず、付けている違和感も少なくてすみます。
個人差はありますが、早い場合は1ヶ月位で終了する場合もあります。

2Dブラケット装着前
治療前
   
2Dブラケット装着
2Dブラケット
システム装着時

いずれも治療で大きく歯を動かす場合や咬み合わせが悪い場合には適しませんが、上記のような歯の叢生や、空隙のある人、補綴前処置として少し歯を動かしたい場合などに向いています。
※歯の動きには個人差があります。

↑ ページトップへ