• 矯正歯科治療に伴う一般的なリスクと副作用
  • 舌側矯正(裏側矯正)
  • 部分矯正
  • スマイルデザイン
  • 矯正治療のこと
  • 料金表

  • カウンセリング予約
  • ご相談


  • 診療時間
    11:00~13:00 × × ×
    14:00~19:00 × × ×
    【休診日】
    月曜日・木曜日・日曜日

    【所在地】
    〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-4-8
    第二福島ビル3F

  • 大きな地図で見る
  • 【アクセス】
    東急田園都市線 用賀駅北口 徒歩1分
  • 日本舌側矯正歯科学会
  • 女性矯正歯科医フリージアの会
  • 橋場矯正歯科(長野県伊那市)
  • 求人

  • 携帯サイト

  • スマートフォン対応サイト

矯正治療のこと

当院の矯正治療

当院では常に最新の治療法を勉強して、治療を行っています。
※完成物薬機法対象外の矯正歯科装置は、承認薬品を対象とする医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

インターディスプリナリーアプローチ

(専門家がチームを作り、各々の知見を集め検討を重ねながら、最善の治療ゴールに向かって協力していく方法)

矯正+審美補綴を組み合わせた治療を行っています。



セルフライゲーションブラケット装置

(デーモンシステム)

新聞や雑誌でも取り上げられているセルフライゲーションブラケット装置(デーモンシステム)。
弱い力で歯を動かしますので、組織に優しい治療で、痛みも軽減されます。
しかも早く動くのが特徴です。

デーモンシステム

矯正用アンカースクリューによる矯正


直径1ミリ程度の小さなチタン製の矯正用アンカースクリューを歯茎に差し込みます。
痛みはほとんどありません。
例えれば「歯茎のピアス」といったところ・・・
この矯正用アンカースクリューにより、従来に比べ早く治療が終了するばかりでなく、
面倒なヘッドギアなどの装置使用がいりません。
治療が終われば麻酔なしで簡単に外すことが出来ます。
矯正用アンカースクリューの使用で、今までは不可能であった歯の動きが可能となり、
治療の幅が広がり、素晴らしい成果を出すことが出来るようになりました。

歯科矯正用アンカースクリューのメリット・デメリットは

メリット
・治療期間の短縮
・移動が困難な方向へ歯の移動が可能
・あごの骨切り手術を併用しないと矯正治療だけでは困難とされる症例で、 手術なしでの治療を可能にすることも出来る場合がある
デメリット
・合併症として稀に、アンカースクリューの動揺、破折、周囲粘膜の感染・炎症がある
です。


↑ ページトップへ